協会運営に集客はいらない

仲間集め

協会を運営するのに、そもそも集客はいりません

なぜか

そんなの簡単です!

客というものがいないから

客は存在しないからです

なんか、禅問答みたいですか?^^

やすひさが考えるに、

協会においては基本的に、

仲間や同志以外いない

という考え方です

協会はお金の頂き方で、バカ協会とガチ協会に分けることができます

バカは企業からお金を頂き

ガチは個人からお金を頂きます

で、バカの代表的な協会は我が日本唐揚協会ですが、

基本的に唐揚げが好きな人だけ入ってきます

嫌いな人は一切近寄りません

だから、唐揚げ好きな仲間、同志しかいないんです

なのでこんな言葉があるか知りませんが、

集仲間、集同志ってのがあるのなら、それです

ガチはどうでしょうか?

ガチの中でも多いのが検定モデルですかね

検定でも、

1:多のスクールモデルと

1:多:多の家元モデルがありますが、

お金を払って検定試験を受けに来た人は客ですか?

お金を払って先生になりたいって来た人は客ですか?

違和感ないですか?

目が💲になっていませんか?

全然客じゃないですよね?

その資格や仕事に興味がある仲間、同志ですよね?

そういう仲間や同志を客として見ている協会ってどうですか?

やめた方が良くないですか?

もし、集客をしたいのであれば

株式会社をやるべきです

株式会社は株主の利益の為に存在する組織だからです

我々がやろうとしている協会は、

理念の為に存在する組織です

興味がある人が、

仲間になりたい!楽しそう!面白そう!

仲間になった人が、

嬉しい!楽しい!大好き!

ってなる組織にするには、

協会(例えば一般社団法人など)は株式会社より、

そういう組織にしやすいと思います

協会運営するのに、

まずそういう意識をするところからしませんか?

こういうのが意外と近道だったりしますよ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧